鰯刃 -Sardine Blade-

ゲーム、漫画、アニメ、映画、HSPなどの日記、それと物置。


■プログラム  ■pixiv  ■自作ニコニコ動画  ■

やっとSwitchを購入した話

去る8月5日朝11時頃、ついにNintendo Switchを
購入して自宅にたどり着きました。長かった…

bbb.png

Switch発売当時はそこそこ売れるんじゃないかとは思ってはいました。
でも初期不良とかあったら嫌だし落ち着いたらと様子見していたところ
あれよあれよと大人気で連日品切れ、こりゃ早めに入手しとくかと
ビックカメラの毎週の抽選会に並びだしたのが6月上旬。

しかし、週末の朝に街まで散歩の習慣だと思えば良いじゃないのと
呑気に構えていましたところハズレの嵐。
当選番号抜き取り疑惑ニュースも拡散される中
苦しい展開を迎えていました。
平行してジョーシンの会員にもなりネット抽選にも
毎週応募するも厳正な抽選の結果ハズレまくりました。
それぞれ8回ずつくらいハズレているはずです。

そんなある日(6回目あたりの頃)ビックカメラの抽選行った後に
ヤマダ電機に寄ってみたら。
数人が店舗前に並んでいましてスイッチ販売とかなにも書いてないけども
後ろに並んでみました。
したら、開店と同時に皆我先にゲームコーナーまで
階段を一足飛びに走り出してスイッチ販売用プラカードを
わしづかみにするという修羅の国でした。
半信半疑で小走りについて行った自分は無論取れませんでした。
運動会の種目にすると面白いかもしれません、いや危ない。
なお、この時2つの自動ドアがあり、あえて皆が1列に並んでいる
にも関わらずもう片方の入り口に悠々と後から陣取って
ダッシュ決めてまんまと購入していた中華らしきおっさん許せん。
だからあんたの国は(略

といった事があった後、危険性とか公平性が問題にされたのかは
判りませんがとにかく浜松のヤマダ電機は
先着整理券方式に切り替えたようです。
先着1台みたいなやるせない週もありましたけど
毎週少量でも入荷して先着購入できる、希望が見えました。

という事でこの方式の店舗ならばまず、前日営業終了後に

「スイッチ〇〇版、先着何名様販売いたします」

のような張り紙が出ますのでまずそれを確認する。
aaa.png
これは自分が並んだ時のものです。

台数と自分の地域の込み具合など勘案して
事前準備(座布団とか飲料)して並ぶ時間を決める。
確認後にすぐ並んで朝まで待てば絶対買えるわけですがまあ程ほどに。
自分は夜中の1時に確認に行って上記の状態でしたんで
もう、このまま待ってやろうじゃないかと9時間座って待ちました。
今思うと気合入りすぎで、結局7番目の人が並んだのが朝7時ごろだったかな。
暇すぎてブラムストーカーの吸血鬼ドラキュラを読破しちゃいましたよ。
あと腰超いたい。
このような店舗が近場にあり、数時間待つ気力があるならば
挑戦してみるのも宜しいんじゃないでしょうか。
夏なのでそれほど辛くもありませんよ。

さらば難民の日々。
  1. 2017/08/07(月) 22:48:28|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゲーセンと私 その6「小松のプラボ」

プラボはナムコの直営店。
時系列的にはここはもともと本屋だったのが改装された店で登場時期はもっと後なんですがまあともかく。

直営店についてちょっと言及しておきます。
当時はメーカーが営業しているゲームセンターって結構ありました。当然そのメーカーの
ゲームがよく入荷されます。他店では入荷されないマイナーな作品も入ったりするため
メーカー独特の空気感が品揃えに反映されて多様性の確保、
結果ゲーセンをめぐる楽しみが倍増されるわけです。
現在の、どこ行っても似たり寄ったりのゲーセン事情を見ると悲しくなりますね。

で、当時の鉄板トップメーカーだったナムコの直営店とくればプレイシティキャロット。
(巣鴨店なんか聖地扱いされてて一遍だけ巡礼したこともあったっけ)
なのですが、この頃ナムコは別ブランド?としてプラボを立ち上げます。
コンセプトは多分ファミリー層やカップルに受ける健全なアミューズメント施設、なのかな。
店舗はややこじゃれた内装で、ビデオゲーム中心ではなくプライズやメダル、大型店だと
スポーツ系なんかを取り揃えてみましたといった感じです。
ナムコからグラフィックが妙に朴訥な感じになったりゲーム的に微妙なものが
ぽつぽつ出だしたり、ポリゴンに傾倒するようになったのもこの頃ではなかったか。
セガも同時期に「ゲームセンター=不良のたまり場」みたいなイメージを払拭しようと
動き出していたような気がしないでもないです。
自分はキャロットのほうが好きだったんですけど(キャロット豊橋店についてはまたいずれ)
とにかくプラボ(あれ、プリッズだったかな?)はそういうゲームセンターであったと。
といいながらここでもやっぱり思い出の作品なんかはあるものでした。

直営店の強さか、
「スターブレード」「ウィニングラン」「ギャラクシアン3(6人用)」なんかはここで体験しました。
(今唐突に、大阪までプロジェクトドラグーンやりにいった事まで思いだした)
シャロンかわいい「ニューマンアスレチック」とかね、あ「麻雀学園祭2」も何だか覚えてますね。

テーマ:▼ゲームの話 - ジャンル:ゲーム

  1. 2015/01/31(土) 23:13:34|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゲーセンと私 その5「オートレストラン、小松の24」

なんかいろいろ思い出してきたので飽きるまで連投。

続いては小松の24(ニーヨン)これも比較的近所にあったゲーセン。
兼、現在ほぼ絶滅しているであろうオートレストランでもありました。
オートレストランとは24時間営業のレストランですがコックやウエイターなどは存在せず、
菓子、ジュース、カップめん、ハンバーガー等の自販機と机が置いてあるだけの空間であり、
そこで休んだり食事できますよという施設です。

それだけじゃさびしいから無人の娯楽設備って事なのかゲームコーナーが付属しているのが多いです。
ここのポイントはズバリ、深夜営業という一点が大きいと思います。
現在は風営法とかで深夜のゲーセンとか営業できないっぽいんですけど
(ここもそうだったのか途中から変更になったのかレストラン部だけ
深夜営業可だったのかはちょっと記憶が定かではない)
深夜のゲームセンターってなかなか蠱惑的な空間でございます。
窓の外は夜。ゲームコーナーは暗めでデモ画面の明滅と大音量のBGM。
対してレストラン部は明るすぎるくらいの蛍光灯、ラーメン啜ったりぼろぼろの週刊誌を読んだりする
まばらな人影の織り成す絶妙なハーモニーはなかなかキます。
ここも高校時代まで深夜の塾帰りにちょろちょろ通いました。

レストラン部にはムービング式の「アウトラン」、「ミッドナイトランディング」など。
客層的に運転好きな方が多いからでしょうか?
ゲームセンター部に入ると、脱衣マージャン大目な品揃えながら結構好きな作品にも出会っています。
ローリングスイッチ装備の「ロストワールド」
悲鳴が怖すぎ、あと蛸が美しすぎる「クロスブレイズ」
凄く好きだったんだけど2週間ぐらいで消えたロボシュー「サイバトラー」
スーパーリアル麻雀シリーズとか麻雀刺客、トリプルウォーズ、他肖像権なにそれおいしいの的な
有名人そっくりさんが出まくるいろんな麻雀たち。
いつも壊れかけの「ヘビーウエイトチャンプ」ときて、

忘れちゃいけない「ストリートファイター」
感圧センサー付きのアップライト筐体。ロッキー羽田がレンガ壁ぶち抜くOP。
店内に響き渡る暴力とくぐもった断末魔、キンキンうるさいBGM、ボタンを殴りつける音。
胡散臭さとバイオレンスさが見事なまでにこの店とマッチしてました。
自分はグーで小指側の掌をボタンに叩きつけるスタイルでした。
基本、波動拳が上手く出せれば勝ち。場合によっては旋風脚1発で勝てる相手もいますが
失敗するとボタン連打の挙句速攻で畳み掛けられて終わる事もよくあります。
調子よく勝ち進んでもアドンあたりまで行っちゃうともう汗も出てきて、何このリアルなファイト感。
やりすぎて小指の関節部を傷めた時期もありました。
これが、人を殴るってことは痛いことなんだよというメッセージなのですね違います。
といった具合になかなかに愉快な空間でありました。
オートレストランシステム復活しないかな。

ところで、小松を出ると通りを挟んだ向かいに、プラボがあるのです続く。

テーマ:▼ゲームの話 - ジャンル:ゲーム

  1. 2015/01/29(木) 15:41:55|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゲーセンと私 その4「ハイパー三本木」

気付けば前回から1年3ヶ月経ってますが再び続けようと思いますゲーセンと私。

はい、きました。ハイパー三本木。
人生に影響を受けたゲーセンを3つ選べと言われたら間違いなく入ります。
選べといわれる状況がそもそも無いとも言えます。
愛知県で中学にあがった自分が始めて出会った比較的規模の大きい”ゲーセン”でした。
外観はド派手な黄色の箱型平屋。駐車場にはヘルメット置いた中学生のチャリがずらりと並んでいました。
学校では禁止されていましたのでごくたまに見回りの教師が来る事もあったりします。
中に入ると、柱など一切無い長方形の空間です。
入り口付近にはレジと駄菓子コーナーがあり、テーブル筐体がずらりと並んでおりました。
台数は横8台で奥に向かって10列くらいはあったと思います。
店の構造も相まってテーブル筐体の並びが全て見渡せまして壮観です。
今風の筐体ではこうはいかねー。蛍光灯の反射を防ぐ段ボール箱もいくつか置かれています。
1プレイ50円というのもポイント高かったですね。
メーカーは満遍なくいろんなとこのがあったように思いますが、今考えると
シューティングが少なめだったような。

入り口近くにはその時々の人気作が固まっているゾーン。
「グラディウス」の犯罪的に伸びやかな金属音、「魔界村」の永久パターンナイフ音、
いつも陽気な「ファンタジーゾーン」、ココナッツクラッシュ最強の「ロボレス2001」、とかすぐに思い浮かびます。
ここでの数々のゲームとの出会いは実に得難い体験でした。
台数も多く高校時代まで通ったのでここだけの思い出というと逆に
ちょっと散漫になってしまうのですが、それでも印象深かったものを適当に羅列。

コンパネが傷だらけ「ハイパーオリンピック」
ココサベジに勝てない「エキサイティングアワー」
いつでも誰かが肘打ち「ダブルドラゴン」
パワーアップテーマがいかす「ファイナライザー」
ニック故郷へ帰れ「コンバットスクール」
みすずは女なの?「熱血硬派くにおくん」
逆進化ラブ「ダーウィン4078」
火の鳥ラブ「テラクレスタ」
蟲をお手玉「ギャプラス」
メインテーマだけ覚えてる「戦いの挽歌」
ヒロイック系BGM2大巨頭「ラスタンサーガ」(もう1つはメガドラのガントレット)
壁上ってたら時間切れあとアギャーンの「忍者君阿修羅の章」
バクチ勝たせてくれ「妖怪道中記」
ストックボンバーとらせてくれ「オーダイン」
などなど

…他もちろん有名どころから渋めなのまで各種取り揃えてありました。
多くのゲーセンと同じように数年後には取り壊されて無くなってしまいましたが、
その輝きは(黄色い)いつまでも消えることは無いでしょう。

テーマ:▼ゲームの話 - ジャンル:ゲーム

  1. 2015/01/28(水) 22:44:53|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

最近のゲームまわり

前回エントリーからもう1ヶ月経ってしまうので何か書かないと死んでるみたいで
嫌なので何か書かないと。

最近あんまりゲーム買ってません。
それはもうパズドラと艦これの影響以外の何者でも
ありませんのですが、そしてどっちも未だ無課金。
吾ながらゲーム業界への貢献の低さは一体どういう事よ?って思ってしまいます。

パズドラは流石に熱は冷めてきて、新システムや新ダンジョンにも
目新しさや挑戦欲もあまり感じなくなってきました。
レアガチャがカスでも腹も立たなくなり、スタミナを無駄にしても
まあいいかと思うようになり、さりとてつまらない訳でも無いので
惰性で毎日プレイはしているような状態です。
それはそうと最近始めたうちの奥さんがすごくハマッています。

艦これは先日のアイアンボトムでの戦いが軽くトラウマとなり、
資源を貯める強迫観念のようなものに囚われてしまい、
遠征前のキラ付けやらデイリー消化やらで絶賛時間泥棒されています。
次のイベントで伊401が入手できるとの事ですが、絵はしばふさんだろか?
それとも潜水艦の人だろか?いずれにしても潜水艦5艦パーティーが
組めるアドバンテージをそう簡単にとらせてくれるとは思えず
今から憂鬱ですが、それでも資源を貯めるのをやめられません。

そんなこんなで、最近あんまりゲーム買ってません。
のですが何故か今月は気付いたらなんかいろいろ買ってました。
DSで「東京トワイライトバスターズ」
3DSで「ブレイブリーデフォルト完全版」
「ルーンファクトリー4」(もうカオスシード新作は期待できないのかなネバーランド…)
ダウンロードで「3DアフターバーナーⅡ」
何となく「3Dギャラクシーフォース」も買っちゃいそうな気配。
これに発売日がずれなければ「A列車3DS」まで入っていたところで、
小遣い無くなっちゃうよ。あー、仕事のストレスだよなこれ…

2本買ったら任天堂ソフト1本ダウンロードキャンペーンで
時のオカリナ、ファイアーエムブレム、パルテナをもらいましたが
しかし俺本当、DS時代からサードばっかりで任天堂のソフトってほとんど買って無いんですね。
それはともかく、夏に買った新世界樹もまだ手をつけていないのに一体どうなるんでしょうか。
それどころかサターンドリキャスでも時間があればプレイしたいソフト余ってるのに、
困ったな。

テーマ:▼ゲームの話 - ジャンル:ゲーム

  1. 2013/12/23(月) 21:12:10|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゲーセンと私 その3「近所のスーパー。ユーアイ」

小六の夏休みに引っ越した先は、豊橋。愛知県有数の大都市ですので、
千葉の田舎よりはいろいろなゲーセンがあるのでしょう。
と言っても右も左もわからない自分が最初に見つけたゲーセンは、
スーパーのゲームコーナーでした。

2階への階段を上がるとすぐ突き当たりに7メートル四方くらいの狭いコーナー。
家から近かった事もあり結構長い期間足を運びましたな。
中国人がひたすら宙返りキックし続けるという、スーパーチャイニーズが
いつも大音量で流れてました。
あとはアーマー着脱が斬新で独特のグラフィックなB-WING。
元祖ボムシューティング?のタイガーヘリ。
ピンク柔道着のJKが金玉をけりまくる女三四郎。
シティコネクションもここで初めて見たっけか、名所のグラが非常に美しい。
レディマスター、攻里金団、ポールポジション。などなど
狭いながら他にもいろいろあったけど、何かスマートさに欠ける
垢抜けないラインナップが多かったですねここ。
そうそう、すぐ隣にはスガキヤがあったっけ。

追加2014年6月21日
ふっと思い出したので追記しておかなきゃ、ここでの思い出といえば忘れちゃいけなかった。

「イーアルカンフー」
ベーマガで紹介されてて、様々な武術を使う敵と1対1で、
レバーと2つのボタンの組み合わせで繰り出せる16の技を駆使して倒していくという、
いわゆる格闘ゲームのはしりでした。
ファミコン版もよくできてますけどアーケード版はまた格別です。
そして、技のグラフィックが非常によく出来ておりとてもかっこく、、
オーソドックスなのから当たるのかそれ?みたいな大技まで取り揃えてありました。
まー実際には足払いとか正拳、回し蹴りなどメインで戦うのが強いんですけど。
特定の敵には開脚突きとか旋風脚(?)からの足払いも有効だったりします。
いや、これ好きだったなあ。コナミさいこうだったよ…(過去形?)

せっかくだから1面の攻略法伝授
空を飛ぶブッチャーが初戦の相手です。
相手はいきなり飛んできますが、落ち着いて2歩程度歩み寄ります。
すると相手は自分のすぐ後ろに着地しますのですかさず正拳連打でパーフェクト狙えます。
したら、ここでエクステンドできるので大変お得です。

テーマ:▼ゲームの話 - ジャンル:ゲーム

  1. 2013/10/08(火) 22:48:17|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パズドラ その31「アンドロイド1周年」

アンドロイド1周年記念だそうですね。
始めたのが確か去年の9月18日だったっけか。
当時はまだ300万ダウンロード記念とかなんとか、
キャラもインド神の属性2.25倍パーティーが憧れの的だったり
エンドラが眩しかったりアマテラスオオカミ最高~だったりとか、懐かしいわ。
その後キャラの強さはインフレの一途を辿り、
かつての強キャラが倉庫番に転職したと思ったら
逆にバカにされてた子が使えるキャラになったりまあ慌ただしいバランスオブパワーです。
あと、結局のところ攻撃力○○倍系が強すぎるので、
バラエティに富んだ好きな編成で楽しむみたいのが最近難しいのがやや悲しい。

フェスなんかも毎回細々と廻しておりまして最近のめぼしいメンバーとしては、

カノ
ヨミ
ミズガルズ
麒麟
ラファエル
ディノライダー

戦力としてはヨミは育てるべきだろうか。
麒麟はホルスとラーが居るので今更育てるのはめんどいなあ。

フレンドが持ってて使ってみたら攻撃倍率が1コンボ毎に上がっていくのが
すごく楽しかった上にかわいいのでクシナダ!
クシナダ来い!と念じましたがこれは残念ながら出ませんでしたね。

などと、この1年を振り返ったりしつつ今日もポリンを廻しドロップスの出の悪さに
いらいらしつつ頑張る無課金プレイヤーな俺でした。

テーマ:パズル&ドラゴンズ - ジャンル:ゲーム

  1. 2013/09/16(月) 01:59:24|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ